知の共有化

知の共有化

Digital Transformation時代に対応した文化資産のデジタルアーカイブシステムの構築、知識インフラの構築、利用環境の高度化により、知識の一層の利活用の促進を目指す。

ドキュメント・スライドリスト(Office365, SlideShareで公開)【過去の成果物に移行中】

「知の共有化」フォルダー

書庫で公開 (Office365)

  • 2003年
    • 【2003年】e-Japan2003とNDL事業の関係図.pdf
  • 2004年
  • 2006年
    • 【2006年】デジタルアーカイブポータルのコンセプトと今後の方向性
  • 2015年
    • 【2015年】文化資源のナショナルアーカイブの方向性と、それを担う人材の育成
    • 【2015年】ナショナルアーカイブ構築を担う人材育成
    • 【2015年】ナショナルアーカイブ構築の一翼を担う組織の活動
      • (ダウンロードして閲覧してください)
    • 【2015年】国立国会図書館のサービスシステムの歩みと新たな方向性の模索(国立国会図書館月報648号2015年3月掲載)
    • 【2015年】電子図書館事業20年の歩みと今後の方向性
    • 【2015年】タスクディクショナリ

最新のドキュメント

  • 情報システムの構築
    •  
  • 今後の図書館サービスシステムと関係機関との連携
    •  
  • 電子図書館サービスの歩み
    •  
  • 今後10年を見据えたサービスの構築
    •  

■過去のドキュメント(移行作業中)

SlideShareで公開