知の共有化

知の共有化

Digital Transformation時代に対応した文化資産のデジタルアーカイブシステムの構築、知識インフラの構築、利用環境の高度化により、知識の一層の利活用の促進を目指す。

離散数学

www.xmind.net

1 2進数
2 アナロジー
3 オイラー経路とハミルトン経路
4 オートマトン正規表現
5 グラフ
6 グラフとツリー
7 この分野に貢献した人物
8 コンピュータ工学における離散数学の目的と役割
9 コンピュータ工学への応用
10 ド・モルガンの法則
11 ファジー集合とクリスプ集合
12 ファジー集合の基本演算(代数和、代数積、限界和、限界差、限界積、激烈和、激烈積)
13 ファジー集合の基本概念
14 ベン図
15 演算精度
16 還元法
17 関係(反射、対称、推移、等価)
18 関数(1対1、全射、逆、合成)
19 関数、関係、集合
20 関数の生成
21 含意、逆、否定、対偶、否定、矛盾の概念
22 基数
23 帰納法
24 形式的証明の構造
25 計算論
26 計算論概論
27 最短経路
28 自動定理証明
29 集合
30 集合(ベン図、補集合、デカルト積、べき集合)
31 巡回戦略
32 順列と組合せ
33 証明技法
34 人工知能
35 数え上げと離散確率の基礎
36 数え上げ論法:和と積の法則
37 数学的帰納法と強帰納法
38 数値誤差と精度
39 数値表現
40 数論
41 全域木
42 代数構造
43 知識テーマ(集合、論理、関数、グラフ)
44 直接的な証明
45 統計解析(検定と推定、回帰分析、相関等)
46 濃度と可算性
47 鳩の巣原理
48 反例、対偶、背理法による証明
49 無向グラフ
50 命題
51
52 有向グラフ
53 離散確率
54 離散関数、連続関数、関係
55 離散時間モデルと連続時間モデルの対照
56 論理
57 論理演算
58 和集合、共通集合、補集合